疲労骨折

中止になったMTBレースで実はエリート男子として登録されていたことを知り、焦ってしまった院長まついです。徐々に暖かくなり屋外で運動しやすい季節となってきましたね。
つぎは筑後川カッパスロンに挑戦しようと企んでおります。まさに河童の川流れの大会です。

今日は疲労骨折についてのお話です。
 スポーツをされている方、観戦する方には ‘疲労骨折’ という言葉は比較的馴染みがある方も多いかと思います。
 スポーツ、運動でハードな練習後などある程度どこかに痛みを感じるのは当然あることだと思います。数日しても治らない、ちょっと動いただけ若しくは日常生活の中で同じ場所がすぐ痛くなる、そんな時は受診したほうが良いケースがあります。その一つが疲労骨折です。
 疲労骨折とは、その名の通り疲労の蓄積により起こる骨折です。大きな外力で骨折する通常の骨折と異なり、繰り返して外力が同じ場所に負荷としてかかることにより発生していきます。
・繰り返しの外力:環境(グランド、靴など)、
        練習量(オーバーユース、技量を超える練習など)
・同じ場所への負荷:筋力、柔軟性不足、フォームの問題
などが要因として考えられます。若年でも成人でも発生します。またご高齢の方でも発生します。(ご高齢の方の場合は脆弱性骨折に分類されることが多いです。これはまた別の機会に)
 当院で多く経験する疲労骨折の部位としては、脛骨、腓骨、第5中足骨、立方骨、大腿骨、坐骨などがあります。個別の骨折については別の機会に書こうと思います。痛みが出始めた初期の頃はレントゲンではわからないことがほとんどです。それから2〜4週間痛みがあるままに経過するとレントゲンで徐々に骨折がわかってきます。そのまま負荷をかけ続けると骨折線が見えるようになってきます。この頃には日常生活でも加重しただけで痛みが出るようになっています。

初診時の写真

1ヶ月後の写真
初診のレントゲンでは明らかな骨折がないことがわかります。
触診では、骨膜炎や骨性隆起が痛みの場所と一致して、腫脹として触れます。
MRIでは隆起などが触れない症例でもしっかり描出されます。

MRIでは白く炎症を起こした骨の中に黒い骨折線がみられます。(エコーでも炎症や隆起が起こると左右を比較することで検知することはできますが、骨の中の状況は判断は難しいです。)
疲労骨折は起こる部位・病気により、その後の治り方や再発のリスクがかわります。
同じ競技を続ける限りどうしても再発などのリスクは伴いますが、疲労骨折が治るまでの間に、安静だけではなく、その後のリスクを減らすという意味で負荷の原因を探り改善しておくことが重要となります。
(2024年5月17日院内勉強会より)



GW&ラグビー2023−24年シーズン最終節

GWは子どもと遊んでゆっくりした院長まついです。
前半はキャンプをしてました。

晩御飯は清川にある山形屋さんのTボーンステーキを美味しくいただきました。
(要予約ですが、安くて美味しいです。2?80円でした。)
野菜を忘れて、肉オンリーのBBQです🍖
娘はYボーンと言ってました。5歳児でもアルファベットちゃんと分かるのね。
飯盒でご飯を炊くと子供達がたくさん食べてくれます。


締めはキャンプ場で花火でした。
郊外のキャンプ場に比べると利用料は高めですが、
お風呂やサウナもついていて、海の中道でも遊べるので移動時間など考えるとおすすめです!


後半はラジコンで遊びました。
熊本県玉名にあるワンズホビーという廃校を利用したサーキットで息子と楽しみました。
レースがあり参加してみました・・・2レース参加し、お尻から3番以内を私、息子、もう一人の小学生で独占しました。割と良い年齢のおじさま方と子供のように騒いでいました(笑)

5月5日は大阪でラグビーシーズン最終節ドコモ戦でした。
ラグビーするにはかなり暑い天気でした。
結果は一歩及ばずでした。
今シーズン限りで退団する選手もおられました。
いつも冷静・前向きなフィル選手、サンウルブズから長い間お疲れ様でした!
いつも ‘Hey, Doc! Genki?’ と声をかけてくれました。
この日は最後に ‘もう怪我することないね!’ と。


フィル選手の息子たちは24番選手としていつもお父さんのお手伝いしてくれてました。
しばらくのお休みの後これからの人生もまた突っ走ってください。
ワイン農園するのかなぁー

ラグビードコモ戦勝利! 自転車もUCI国内3位!

なぜだか試合前から勝つ気しかしないと周りに言い続けていた院長まついです。
3月31日大阪ヤンマースタジアムで開催されたドコモ戦に帯同してきました。

私の宣伝の効果があってか?たまごサンドに行列が・・・

綺麗なスタジアムです。
私的芝生チェック:芝は長めでやや土柔らかめ。若干疲労がたまりそうな印象です。
(疲労については選手には聞いていません。試合中に私がピッチサイドを移動して感じている主観に基づいています。試合の日の私の万歩計は大体2万歩になります。)
試合結果は勝ちました!14対30!
過去の戦績を振り返ると
22/12/17 18対22
23/2/26 14対23
23/4/15 33対35
23/12/9 22対26
ずっと競ってきていて勝てず、特に直近2試合は残り時間僅かでの逆転劇でした。
今回は最終戦ということもあり、ヤンマースタジアムには、リーグワンD2史上最多の9000人を超えるお客さんが来られていました。その中で、Division2 2勝目、ドコモ戦は私が帯同するようになってから初勝利! ‘ひゃっほー’ でした。あとは順位決定戦です。
試合が終わって新幹線の車内で思いました。やはり織機に勝ちたい。。。

そして自転車の方も頑張っています!
福岡が誇るUCI参加プロ自転車チームVC FUKUOKAが国内UCI登録チームで現在3位となっています。チーム右京やブリッツェンに次ぐ3位!すごいです。

4月からプロ選手にヒルクライムチャレンジできるイベントもあるそうです。ビギナーから脚自慢まで参加できるそうなのでぜひチャレンジしてみてください!
いつか渡辺通りや大博通りでクリテリウムできる日が来るのを待っていますよ!
また明日から仕事がんばりましょう!

会員制の会で講演しました@博多

そろそろオリンピックが気になり出した院長まついです。
徐々にオリンピックの代表が決まりつつあるようですね。
パリ行きたいなぁ。。。ラグビー、自転車、、、パラ、スペシャルオリンピックも気になっています。パリ五輪ではマラソンの夜、同じコースで市民マラソンがあるようですね。たくさんの方が楽しまれるのでしょうね。
10年以上前、妻とパリに行きました。(思い返すと円高で1ユーロ90円台だったようです。。。)11月、氷点下近くでしたが、ダウンを着ている方はほとんどいませんでした。あのモコモコ感はパリジェンヌの感性には合わないのでしょう。

さて、表題の講演ですがweb形式のものでした。25分の持ち時間でした。会場で講演するのと異なり、全国へ発信されるという楽しみな部分とカメラに向かって喋る緊張感と両方があります。3T(=さんてすら)の単語をどうしても噛んでしまうので何度も練習したのですがやはり噛みました。。。

ラグビージャージで登壇しようと思ったのですが妻からの忠告でジャケットになりました。下はポロシャツです。似合いません。。。
269名の先生方に聴講希望いただいたようです。
次は春から始まる研究会と学会の準備です!
院内では、3月から地域のリハビリ研究会を行うようになりました。
春からますますパワーアップしてまいります。

鳥栖🏉からの朝倉🚴‍♀️予定でした

最近曜日が分からなくなりがちな院長まついです。
鳥栖で開催されたホーム戦キューデンヴォルテクスvsD-ROCKS戦に帯同してきました。
あいにくの天気でしたが、気合を入れて帯同しました。

この日は車での移動でしたので東比恵にある三日月屋さんでいつものたまごサンドとコーヒーを購入して出発しました。ここは並ばずに購入できるので助かります。

恒例の私的芝チェック。去年は最終戦を戦った鳥栖駅前スタジアムです。
おそらくはしっかりしまった目土の上に短めの芝です。雨のせいで滑りやすい状態でした。
サイドは水捌けが良いのですが、中央部は水捌けが悪くなっていました。

スタジアムの客席下には人工芝が貼られていました。

日頃はサガン鳥栖のホームグランドです。
試合の方は、くぅ〜〜〜〜〜
最後の5分で逆転されてしまいました。次の大阪こそは!

翌日3/24は、朝倉サイクルフェスティバルの予定でしたが悪天候で中止になりました。
今年もミス卑弥呼に会いに行こうと思って2時間耐久レースに申し込んでおりました。。。残念。また来年頑張ろう。今年は筑後川カッパスロン開催してほしいなぁ。。。

雨の日には・・・当院のリハビリ室にもあるZWIFTという仮想空間を走るサイクルトレーナーです。
いつでもトレーニングできます。動画は、東京タワーの真下でスプリントです。
瞬間的にでも1位になると楽しいです。

クリニックが癒しのサロンになります。無料

日々癒されたい院長まついです。
3月30日17時~クリニックが癒しのサロンになります。

高校時代に私もギターを少し触りましたがうまくはならず・・・
ギターの音色に癒されたい方、ギターを習っている方、
どうぞご参加ください。
お電話でご連絡いただくか、来院の際に参加の旨お伝えください。

遠征、東北は岩手県釜石市へ

早くお花見がしたい院長まついです。

今回は飛行機移動だったのでいつものカツカレーと思ったのですが、お店が改装中で食べられませんでした。なので、タリーズのハムカツを食べました。

選手の宿泊するホテル到着が20時ごろでしたがメディカルによるケアが行われていました。

確か前回来た時が2019年のワールドカップ終了後でした。その時は人が少ないなぁという印象でしたが、今回は、ラグビー関係者と応援するお客さんで人が多かったです。ホテルのレストランは終了後だったので近所の食事処に入りました。そこで食べたマンボウの刺身です。コリコリでおいしかったです。

ラグビーの街ではWiFi 表示はこうなります。

町中にこのポスター。震災からの復興記念試合です。

恒例の私的芝生チェックです。
芝生はハイブリッド芝でしたが寒さでまだ芝生えていない感じで固め、目土は雪の影響で表面が緩いのですが、硬い状態でした。(今まで経験のない芝の状態でした。滑ります。)

ゴールポストの背後に見えるのは震災後にできた防潮堤です。

当日はお客さん4千人とキッチンカー30台でした。
釜石鵜住居復興スタジアムは熱いお客さんばかりでした。
試合開始前には、震災に遭われた方々への黙祷を行いました。
試合は完全アウェイで押されてしまいました。。。

次は、3月23日鳥栖駅前スタジアムでのホームゲームです。
あと2試合頑張って行きましょう!

織機戦!

3月は週末の予定がほぼスポーツ一色の院長まついです。

3月2日私が勝手にライバル視している豊田自動織機シャトルズ戦でした。
もう一人のチームドクターがピッチに立っていたので久しぶりにしっかり観戦できました。
10−15で惜しくも敗戦でした。
前半はヴォルテクスリードで折り返しました。後半10−15、織機がペナルティキックを選択した時に、相手がなんとか本気で勝とうとしていることを確信しました。ヴォルテクス強くなっています。引き続きこの士気を保って頑張って欲しいです!今週日曜日は釜石遠征です!

翌日はホークスのホーム初戦、韓国斗山ベアーズ戦を観戦しました。
小久保監督は、応援団代表の小学生から、今年は優勝するようにプレッシャーをかけられていました。試合は5-2で快勝でした!

そして娘は帰りにハニーホークにするか、小ふうさんにするか10分近く悩んでいました。。。
お父さんは娘からのぬいぐるみ買ってプレッシャーがすごいです。

NECグリーンロケッツ戦、燃え上がりました!

最近ブログ更新をサボりがちの院長まついです。
鹿児島で行われたNECグリーンロケッツ戦、
すご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く惜しかったです!
‘ユーズイットだったのかぁ!’
詳細はYOUTUBEをご覧ください!
試合内容的には間違いなく勝ってたと思います。
試合後にレイ・タタフ選手と話していたら、ラグビーでは ‘almost’ ではダメだと言われました。確かに!
着実に強くなっているヴォルテクスの今後に期待です。

三日月屋さんのたまごサンド、いつもながらボリューミィです。
鹿児島までは新幹線で1時間20分くらい。
今回はゆっくりコーヒー飲みながら食べられます。

鹿児島マラソンの準備が始まっていました。
患者さんも何人か楽しまれる予定です。

鹿児島の白波スタジアムです。綺麗に整備された芝生です。
恒例の私的芝チェック。
芝は中位のふかふかです。雨上がりのせいか目土が柔らかめ。
少し足が疲れそうな印象です。
個人的にはもう少し土がしまって欲しいところです。

選手の控え室には地元応援団 ‘チャージャー’ の応援メッセージが掲げられていました。
これだけの人に応援さえての試合は燃え上がったに違いありません。
当院の開院内覧会でウォーキングレッスンをしていただいた千夏先生もスタンド応援に駆けつけていただきました。

試合後の補食、博多に帰りついてもまだおなかいっぱいでした。

お父さんはうさぎになった娘に萌え上がりました(笑)
次は福岡で私がずっとライバル視している織機戦です!

今週はリハ室よりお送りします

福岡の冬の風物詩と言えば、糸島の牡蠣小屋です。先週末に糸島の船越漁港の牡蠣小屋に行ってきました!人も多くかなりの待ち時間がありましたが、美味しい海の幸をたくさん食べて、飲んで、楽しい時間を過ごす事ができました。牡蠣にはコンドロイチン(ムコ多糖類)、グリコーゲン、ミネラル、亜鉛、鉄分などの栄養が豊富に含まれていて、体に嬉しい効能が詰まっている様です。このコンドロイチンは骨の成長や骨折時などの回復を支える働きを持っており、カルシウムの減少が原因で起きる骨粗しょう症の予防・改善を助けることができるそうです。また、牡蠣は美肌の効果を高める作用もある様なので、嬉しい事ばかりです。機会があれば皆さんも是非、冬の牡蠣を楽しんでください。

牡蠣小屋を楽しんだ後はビーチを散策し、伊都菜彩に寄って、糸島野菜を購入するといういつものコースで1日を終えました。このシーズン中にあと1回くらいは行きたいと思っているところです。